Tポイントが貯まるYahoo! JAPANカードでETCカードを作る

MENU

「Yahoo! JAPANカード」でETCカード

Yahoo! JAPANカードのETCカード券面

●ヤフー・ジャパンが自社のカード子会社「YJカード」株式会社から発行開始をした「Yahoo! JAPANカード」、カード利用で貯まるポイントは「Tポイント」です。

通常のポイント還元率が1.0%なので、今や、「Tポイント最強クレジットカード」とも言われています。

●ライバル視する「楽天カード」にそん色ない高ポイント還元率カードとなっていますので、ポイント還元を重視するという方は「Yahoo! JAPANカード」でETCカードを作るのも選択肢の一つです。

●また、Yahoo JAPANカードは最短2分で審査結果が出ます。ほぼ機械的な審査ですので、過去にクレジットカードやローン返済などで滞納などをしたことがなければ、審査に通ります。(人によっては多少時間がかかる場合もあり)

主婦、アルバイト、パート、自営業、学生の方もお申し込み頂けます。
自営業の方はクレジットカードの審査に通りづらいと言われていますが、このヤフー・ジャパンカードでしたら、審査に通る可能性が大です。

●それと、最短2分で審査結果が出ますので、約一週間前後で、クレジットカードとETCカードが自宅へ届きます。(クレジットカードとETCカードは別送となる場合もあり)
急いでクレジットカードとETCカードを作りたいという方にも、Yahoo JAPANカードはオススメです。

●「Yahoo! JAPANカード」は、Apple Pay(アップルペイ)に対応・登録可能で、全国のQUICPay(クイックペイ)が使えるお店で支払いに使うことができます。QUICPay(クイックペイ)は、ほぼ全てのコンビニチェーンで利用可能ですし、ガソリンスタンドもエネオス・昭和シェル・エッソ・モービル・ゼネラルで利用可能です。もちろん、Apple Pay(アップルペイ)で支払った分にもTポイントが付きます。

Yahoo JAPANカードはとにかくポイントが貯まる

●Yahoo! JAPANカードは、YahooショッピングとLOHACO(ロハコ)でのショッピング時はポイント還元が3%、それ以外でのネットショッピングや実店舗での買い物や飲食、ETCカード利用分や公共料金支払い分も1%のポイント還元となっています。

●Yahoo! JAPANカードにはTカード機能も搭載されていますので、ファミリーマートやエネオスなどのTポイント加盟店では、Yahoo! JAPANカード提示・現金支払いでも「100円毎または200円毎に1ポイント」付与されます。さらに、Yahoo! JAPANカードでのカード払いをすると「100円毎に1ポイント」追加付与されます。

●Tポイントを積極的に貯めている方は、現在持っているクレジット機能付きTカードのサブカードとしても、あるいは現在持っているクレジット機能付きTカードに変わるメインカードとしても、通常ポイント還元率1%の「Yahoo! JAPANカード」はオススメです。

ファミマTカードとの2枚持ちもOK

Tポイントをファミリーマートでの買い物メインで貯めている方は、ファミマTカードの方がポイントは貯まりやすいのですが、その他の利用シーンでは「Yahoo JAPNカード」の方が貯まりやすいのです。

ファミマTカードの通常ポイント付与は「200円毎に1ポイント」
Yahoo JAPANカード「100円毎に1ポイント」

ですので、ファミリーマートでは「ファミマTカード」で、それ以外は「Yahoo JAPANカード」で、と使い分けて、Tポイントをより効率的に貯めている人も増えています。

それぞれのカードに貯まったTポイントは、どちらかのカードへ移動して使うこともできるのです。

クレジットカード利用でTポイントをガンガン貯めたいという方は、ファミマTカードとYahoo JAPANカードの2枚持ちを検討してもいいのでは。

カード入会キャンペーン
現在、「Yahoo! JAPANカード」へ新規入会された方へ、もれなく、Tポイントを5,000ポイント(5,000円分)プレゼント

さらに、申込月を含む2カ月目の末日までに、1回でもYahoo! JAPANカードでカードショッピングをご利用された方へ、Tポイントを3,000ポイント(3,000円分)プレゼント

●ETCカードの申し込みは、「Yahoo! JAPANカード」申し込み時に、同時申し込みできます。申し込み画面でETCカードの申し込みにもチェックを入れて下さい。
約一週間ほどで自宅へお届けとなります。クレジットカードとETCカードが別送となる場合もあります。

「Yahoo! JAPANカード」のETCカード公式ページ


「Yahoo! JAPANカード」の特徴

年会費は

クレジットカードは永年年会費無料です。

ETCカードは年会費500円(税別)です。
Yahoo JAPANカードはメリットが多いカードですが、このETCカード年会費500円(税別)は、デメリットと言ってもいいかもしれません。
ポイントが断然貯まりやすいということを考えると、目をつぶってもいいデメリットか?

Yahoo JAPANカードは家族カードも申し込みができ、家族カード一枚一枚にETCカードの発行が可能です。その場合、一枚ごとに年会費500円(税別)がかかります。

ポイント付与は

Yahoo! JAPANカードのポイントサービスは、Yahooショッピング・ロハコや「Tポイント加盟店」以外での利用には、通常、利用金額「100円毎に1ポイント」のTポイント付与となります。ショッピングに限らず、公共料金支払い分、ETC利用分にも同様に付与されます。

携帯電話料金や電気料金などの公共料金、月々の支払いのものをYahoo! JAPANカードでの支払いにすると、けっこうなスピードでTポイントが貯まります。

Tポイントは、「1ポイント=1円」の価値ですので、ポイント還元率は1.0%ということになります。

ポイントの有効期限は1年間ポイントの変動がなかった場合(貯める、使う、交換するのいずれも行われなかった場合)はTポイントが失効します。
貯める、使う、交換するのいずれも行われた場合は、それまでの全てのTポイントが1年延長されます。ですので、ほぼ無期限と言えます。

YahooショッピングとLOHACO(ロハコ)ではポイント3.0%

ヤフーショッピングとロハコの画像

●YahooショッピングとLOHACO(ロハコ)での買い物の際に、Yahoo! JAPANカードで支払うと、いつでも「100円毎に3ポイント」付与となります。なんとポイント還元率3.0%です!

●Yahooショッピングにおいては、ストアによっては、さらにポイントを上乗せ付与するお店もあります。それと、セールやキャンペーン時にも、さらに、ポイントが付くことも。

●ロハコは日用品をまとめ買いするのにはとてもオススメですし、無印良品や成城石井が参加しています。また、DHCやファンケル、肌ラボなども参加していますので、サプリメントや化粧品もネット通販で買うならロハコで買うといいです。

Tポイント加盟店ではポイント1.5%〜2.0%

Tポイント加盟店の画像

ファミリーマートやツタヤをはじめとするTポイント加盟店では、カード提示・現金支払いでも「100円または200円に1ポイント」(店舗により異なります)。
さらに、Yahoo! JAPANカードでのクレジット支払いをするとプラス「100円毎に1ポイント」

ですので、クレジット支払いだと、還元率としては1.5%か2.0%でTポイントが貯まるということになります。

Yahoo JAPANカードは、Tカード機能も付いていますので、提示・現金支払いでもTポイントは貯まります。

「Tポイント加盟店」には、Yahooジャパングループ、ロハコ、ソフトバンク、ファミリーマート、スリーエフ、ツタヤ、エネオス、オートバックス、マルエツ、東武ストア、三越、伊勢丹、ウエルシア、エディオン、ガスト、バーミヤン、ジョナサン、ドトールコーヒー、ロッテリア、吉野家、牛角、眼鏡市場など、他にも多数の参加企業があります。

電子マネーチャージでもポイントが貯まる
モバイルSuica、スマートイコカ、nanaco、au WALLET(auウォレット)へのチャージ分にも「100円毎に1ポイント」貯まります。

ただし、nanacoはJCBカードブランドのみ、au WALLET(auウォレット)はマスターカードブランドのみ、となっています。

ですので、Yahoo JAPANカードをお申し込みの際に、nanacoへチャージしたいとお考えの方は「JCB」ブランドを、au WALLET(auウォレット)へチャージしたいとお考えの方は「マスターカード」ブランドをお選びください。

モバイルSuicaとスマートイコカへのチャージは。「JCB」「VISA」「マスターカード」のいずれのブランドでもOKです。

ポイント交換は

貯まったポイントは、Yahooジャパンや、ファミリーマートをはじめとしたTポイント加盟店で「1ポイント=1円」として利用代金に充てるか、ANAマイルへ交換することができます。

Yahooジャパングループで使う
YahooショッピングやロハコなどYahooグループでのショッピング代金やサービス利用料金のお支払いの際に、決済画面にて、「1ポイント=1円」として1ポイントから利用代金に充てることができます。
代金の全てをTポイントで支払ってもいいですし、代金の一部をTポイントで支払ってもOK。

Tポイント加盟店で使う
ファミマなどのTポイント加盟店でも、「1ポイント=1円」として1ポイントから利用代金に充てることができます。
こちらも、代金の全てをTポイントで支払ってもいいですし、代金の一部をTポイントで支払ってもOKです。

レジで「○○円分をTポイントで」などと言えばOKです。

※Tポイントカード加盟店であっても、ポイントは貯まるけれど、ポイントを使うことができない加盟店もあります。

ソフトバンク携帯料金などに使う
ソフトバンクもTポイント加盟店ですので、お支払にいTポイントを使うことができます。

携帯電話・スマホの利用料金、新規および機種変更代金、アクセサリ購入代金、修理代金のお支払いに、「1ポイント=1円」として1ポイントから充てることができます。

ANAマイルへ交換する
Tポイントは、ANAマイルへ交換することもできます。
「2ポイント=1ANAマイル」として、500ポイント以上500ポイント単位で交換できます。
ネツトで簡単に交換ができ、約10日で交換手続きが完了します。

ETCを利用する方は、必然的にガソリン給油をする機会が多いと思うのですが、「Yahoo! JAPANカード」にはTカード機能が搭載されていますので、ガソリン給油は、Tポイント加盟店の「ENEOS」ガソリンスタンドでするといいです。カード提示で「200円毎に1ポイント」、さらに「Yahoo! JAPANカード」クレジット支払いで「100円毎に1ポイント」が貯まります。

また、「ENEOS」ガソリンスタンドでの支払いに、Tポイントを1ポイントから使うこともできます。


「Yahoo! JAPANカード」はApple Pay(アップルペイ)に対応・登録可能

「Yahoo! JAPANカード」は、Apple Pay(アップルペイ)に対応していますので、iPhoneなどでApple Pay(アップルペイ)に登録可能です。

店舗などでApple Pay(アップルペイ)で支払う場合、iD(アイディー)、QUICPAy(クイックペイ)、Suica(スイカ)での支払いとなるのですが、「Yahoo! JAPANカード」は、QUICPAy(クイックペイ)とSuica(スイカ)に紐付られますので、QUICPAy(クイックペイ)とSuica(スイカ)での支払いに対応しているお店で利用できます。

支払い時に、QUICPAy(クイックペイ)またはSuica(スイカ)で支払うことを伝えて、Touch IDに指を載せたままiPhoneをリーダー(端末)にかざせば支払い完了です。

ちなみに、Apple Pay(アップルペイ)で利用した分にも、Tポイントは付与されます。

ただし、Suicaの場合は、Suica利用時ではなく、Suicaチャージ金額に対してTポイントが付与されます。

国際ブランド選びに注意
Apple Pay(アップルペイ)に「Yahoo! JAPANカード」を登録して積極的に使いたいという方は、「Yahoo! JAPANカード」の申し込み時に、国際ブランドは「JCB」か「Mastercard」をお選びください。Apple Payに対応したアプリケーションやオンラインショッピングの支払いにも使えまし、モバイルSuicaを「Walletアプリ」でも「Suicaアプリ」でも利用できます。

一方、「VISA」の場合、QUICPAy(クイックペイ)利用可能店での支払い、iPhone向けSuicaアプリへの登録はできますが、Apple Payに対応したアプリケーションやオンラインショッピングの支払いには使えないという難点がありますし、「Walletアプリ」でモバイルSuicaを使うことができません。

※「Yahoo! JAPANカード」の「VISA」ブランドだけでなく、他のApple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードも「VISA」は同じように利用範囲に制限があります。

「Yahoo! JAPANカード」のETCカード公式ページ


「Yahoo! JAPANカード」の基本概要と申し込み

年会費 クレジットカードは年会費永年無料。
ETCカードは500円(税別)です。
入会基準 1.有効なYahoo! JAPAN IDをお持ちの方
Yahoo!カードのお申し込みには、Yahoo! JAPAN ID(無料)が必要です。
Yahoo! JAPAN IDをお持ちでない方は、Yahoo!カード申し込み時に取得できます。
2.18歳以上で安定した継続収入のある方

【上記以外】
本人が無収入でも配偶者に収入のある方
学生(高校生を除く)
※未成年者は有職・学生にかかわらず親権者の同意が必要です。

●主婦、アルバイト、パート、自営業、学生の方も可。
カード発行まで 一週間〜10日前後でお届け。
※Yahoo! JAPANカード申し込み時に「ETCカード」も同時申込可能。
カードブランド jcb  visa  マスター
付帯保険 ショッピング保険。
発行会社 ワイジェイカード株式会社

「Yahoo! JAPANカード」のETCカード公式ページ


「Yahoo! JAPANカード」と併せて検討したいETCカード


ファミマTカードのETCカード券面

ファミマTカードのETCカード詳細 ≫
「Yahoo! JAPANカード」と同じくTポイントが貯まるクレジットカードとして、主にファミリーマートでの買い物メインでTポイントを貯めている方に圧倒的に人気の「ファミマTカード」。ファミリーマートではTポイントの獲得が断然有利です。しかし、ファミリーマート以外では「Yahoo! JAPANカード」の方がTポイントが貯まりやすい。そこで、「Yahoo! JAPANカード」と「ファミマTカード」の両方を持ち、Tポイントを合算するという使い方もありです。どちらのカードも年会費永年無料なので年会費コストはかかりません。
※ETCカードは、「Yahoo! JAPANカード」か「ファミマTカード」のどちらかで作ればいいですし、両方のカードでETCカードを作ってもかまいません。