ETCカード申し込み時の審査について解説

MENU

ETCカードの入会審査

ETCカードはクレジットカードの追加カードとして発行されますので、ETCカードの審査は、イコール、クレジットカードの審査ということになります。

審査の基準はクレジットカード会社によって若干違いますが、会社などに勤め、安定的な収入があれば、まず問題なく審査に通ります。

クレジットカード会社によっては、パートやアルバイトなどでも安定的・継続的な収入があれば、審査に通ります。パートやアルバイトでも審査に通りやすいカード会社としては「楽天カード」「イオンカード」「ファミマTカード」があります。

また、専業主婦の方は、配偶者の方に安定的・継続的な収入があれば審査に通ります。

年金受給者の方も、年金という安定的・継続的な収入があるので審査に通りやすくなっています。

自営業の方や家賃収入がある方は、ある程度の利益を出していてる状態が複数年継続していれば審査に通るようです。

以上以外の収入源をお持ちの方も、ある程度の収入を継続的に得ていれば、審査に通ります。

審査に通りづらい例

安定的な収入があっても審査に若干通りにくい例としては、以前にクレジットカードの支払いで滞納があった方は審査が厳しくされるようです。ただ、それ以後、3年以上、滞納なく支払い続けていれば大丈夫のようです。

それと、最近問題になっているのが、スマートフォンの料金を滞納している方がクレジットカードの与信機関のブラックリストに入れられている可能性が高くなっているということです。3ヶ月の滞納が続くとブラックリストに入ってしまうということを耳にしていますので注意してください。
一度ブラックリストに入ると、クレジットカードの審査に通りづらくなるばかりか、将来的にローンをするときも与信審査に支障をきたしかねませんので、スマートフォンだからといって料金滞納を軽く見すぎない方が良いです。