学生向けの三井住友VISAカードでETCカードを作る

MENU

三井住友VISAデビュープラスカードでETCカードを作るメリット

三井住友VISAデビュープラスETCカード券面
まずはじめに、
三井住友VISAデビュープラスカードを既にお持ちの方は、三井住友カード会員サイトの「Vpass」よりETCカード追加発行のお申し込みができます。または、専用ダイヤル「0120-919324 (自動音声応答)」へお電話をしてETCカード申込書を取り寄せます。

三井住友VISAデビュープラスカードをお持ちでない方は、三井住友VISAデビュープラスカード公式ページより、三井住友VISAデビュープラスカードの新規お申し込み画面でETCカードを同時申し込みできます。
三井住友VISAデビュープラスカードのETCカード公式ページへ→

それでは、三井住友VISAデビュープラスカードおよびETCカードのご紹介をしていきたいと思います。

日本において、長年信頼のブランドとして定着している三井住友VISAカードが、学生・新社会人向け(18歳〜25歳限定)カードとして発行しているのが、この『三井住友VISAデビュープラスカード』です。
学生の方や25歳未満の社会人の方にオススメのクレジットカード&ETCカードです。

●年会費は初年度無料、翌年度からは税抜1250円+税ですが、前年度1回でもカード利用があれば翌年度も年会費無料となります。

●三井住友VISAデビュープラスカードは、一般向けの三井住友VISAカードの2倍のポイント付与となります。三井住友VISAカードはカード利用額「1000円毎に1ポイント」ですが、デビュープラスカードは2倍の「1000円毎に2ポイント」付与となります。「1ポイント=5円」の価値ですので、デビュープラスカードは「1000円毎に10円分のポイント」付与となりますので、なんとポイント還元率1.0%の高還元となります。

●また、三井住友VISAデビュープラスカードは、新規入会後3ヶ月間は、ポイント付与は5倍、つまり「1000円毎に5ポイント(25円分)」付与となります。

●三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行のいずれかに口座をお持ちの方でしたら、最短3営業日でカード発行となりますので、遅くとも申し込み後約一週間以内にはお手元へ届きます。ですので、お急ぎの方にもオススメです。

●三井住友VISAデビュープラスカードはApple Pay(アップルペイ)に対応・登録可能で、全国のiD(アイディ)が使えるお店で支払いに使うことができます。iD(アイデイ)は、ほぼ全てのコンビニチェーンで利用可能ですし、ガソリンスタンドもエネオス・エッソ・モービル・ゼネラルで利用可能です。もちろん、Apple Pay(アップルペイ)で支払った分にもポイントが付きます。

●25歳以上の方は、こちらの『三井住友VISAカード』でETCカードを作ると良いです。

カード入会特典

2018年9月28日までに新規入会された方に、申し込みやカード利用などで最大10,000円分をキャッシュバック

三井住友VISAデビュープラスETCカード公式ページ


三井住友VISAデビュープラスカードのスペックや特徴

年会費は

クレジットカードは初年度無料、2年目から税抜1250円+税です。ただし、前年度のカード利用が1回でもあれば翌年度も年会費無料割引となります。

ETCカードは初年度無料、2年目から税抜500円+税です。ただし、年に1度でもETC利用があれば、翌年度も無料となります。

ポイント付与は

クレジットカードでポイントが貯まるイメージ画像

●三井住友VISAカードのポイントサービスである「ワールドプレゼント」は、デビュープラスカードの場合、カード利用月額「1000円毎に2ポイント」の付与となります。ポイントの有効期限は最長2年です。
「1ポイント=5円」の価値ですので、ポイント還元率は1.0%ということになります。

●また、新規入会後3ヶ月間は、ポイント5倍になります。

●三井住友VISAカードには、「ボーナスポイント」 制度があり、年間カード利用額50万円以上で段階的にボーナスポイントが付与されます。

●三井住友VISAカードはカード会員向けのネットショッピングモール「ポイントUPモール」を運営していて、三井住友VISAデビュープラスカード会員も利用できます。「ポイントUPモール」経由でネットショッピングをすると、最大で20倍のポイントを獲得できます。「ポイントUPモール」参加ショップとして、楽天市場、Amazon、Yahooショッピングをはじめ、有名ショップが多数参加しています。

●三井住友VISAデビュープラスカードは、「iD専用カード」の追加発行ができ、「iD」利用分にも、利用月額「1000円毎に2ポイント」が付与されます。
「iD」はNTTドコモのおサイフケータイですが、三井住友VISAデビュープラスカードは「iD専用カード」が発行されますので、NTTドコモユーザー以外の方も「iD」の利用ができます。「iD」はほぼ全てのコンビニチェーンで利用できますので、コンビニなどでの少額支払いを「iD」にすることで、コツコツ無駄なくポイントを獲得することができます。

ポイント交換は

貯まったポイントは商品や商品券と交換できる他、ポイント交換先が豊富で、電子マネーを使っている人は「Suica」「WAON」「nanaco」「楽天Edy」へ交換できますし、楽天スーパーポイントやTポイント、航空マイルなら「ANAマイル」「シンガポール航空マイル」「アリタリア航空マイル」へ交換できます。また、キャッシュバックという利用方法もあります。

●商品券の一例としては、VJAギフトカード、三井住友VISAプリペイドカード、なだ万お食事券、ルートインホテルズご宿泊優待券、カエトクカード タリーズカード、モスカード、ハーゲンダッツミニカップギフト券、TOHOシネマズ映画鑑賞引換券、ユナイテッドシネマ/シネプレックス映画鑑賞引換券、109シネマズ映画鑑賞引換券、ユニバーサルスタジオジャパン・スタジオパスなどがあります。

●ポイント交換先(移行先)の一例としては、ANAマイル、シンガポール航空マイル、アリタリア航空マイル、WAONポイント、nanacoポイント、楽天Edy、Suicaポイント、PiTaPa ショップdeポイント、カエトクカードへチャージ、タリーズカードへチャージ、スターバックスカードへチャージ、ベルメゾンポイント、楽天スーパーポイント、dポイント、au WALLET ポイント、Tポイント、Pontaポイント、ビックポイント、ジョーシンポイント、ヨドバシカメラ・ゴールドポイント、Gポイントなどがあります。

キャッシュバック
ポイント交換以外の使い方として、「1ポイント=3円」としてクレジットカード利用代金に充当することもできます。この場合、「1ポイント=3円」ですので、2円分の損をしてしまいます。

そこで、三井住友VISAカードは、追加カードとして電子マネー「iD専用カード」を発行できるので、「iD」利用代金への充当をするといいです。「iD」の利用代金に充当する場合は「1ポイント=5円」となります。
ですので、ポイントを利用代金に充当して使いたい方は、「iD」を追加発行して利用代金に充てるといいです。
「iD」は各コンビニでも使えますし、「iD」対応の自動販売機も増えていますので、少額決済用に「iD」を使って、その支払いの一部に貯まったポイントを充当すると良いです。

ポイントで寄付もできる
貯めたポイントでチャリティーに寄付するイメージ画像

クレジットカードで貯まったポイントの交換先として、寄付、チャリティ、義援金に使える例は多いですが、三井住友VISAのワールドプレゼントポイントは「ユニセフ」「国連WFP」「i日本ユネスコ」「WWFジャパン」「日本赤十字」「プレゼントツリー」「京都大学iPS細胞研究基金」「JOCオリンピック選手強化寄付プログラム」他からお好きな団体・組織などへ寄付できます。

追加発行カード

三井住友VISAデビュープラスカードは、追加発行可能カードとして、ETCカードの他に「iD」「PiTaPa(ピタパ)」「WAON」もあります。

三井住友VISAデビュープラスカードはApple Pay(アップルペイ)に対応・登録可能

三井住友VISAデビュープラスカードとアップルペイの画

三井住友VISAデビュープラスカードは、Apple Pay(アップルペイ)に対応していますので、iPhoneなどでApple Pay(アップルペイ)に登録可能です。

三井住友VISAデビュープラスカードをApple Pay(アップルペイ)へ登録すると、「iD」が紐付られますので、「iD」が支払いに使えるコンビニなどでお支払いに使えます。

また、アップルペイの「ウォレットアプリ」、または、app store(アップストア)で「Suicaアプリ」をダウンロードすることで、アップルペイで「モバイルSuica」を使うこともできます。
この場合、「モバイルSuica」でSuica電子マネーでのお支払いもできますから、「Suica」が支払えるお店でもお支払いに使えます。

お店での支払い時には、iD(アイディ)またはSuica(スイカ)で支払うことを伝えて、iPhoneをリーダー(端末)にかざせば支払い完了です。

ちなみに、Apple Pay(アップルペイ)・iD(アイデイ)で利用した分にもワールドプレゼントポイントが貯まります

ただし、Suicaに関しては、三井住友VISAデビュープラスカードの場合、Suicaへのチャージ分にも、Suica利用分にもワールドプレゼントポイントは付きません。

※三井住友VISAデビュープラスカードは、「VISA」ブランドのみでの発行となっいてます。したがいまして、Apple Payに対応したアプリケーションやオンラインショッピングの支払いには使えません。

Apple Payに対応したアプリケーションやオンラインショッピングの支払いには「JCB」か「Mastercard」ブランドでなければなりません。
三井住友VISAデビュープラスカードだけでなく、他のApple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードも「VISA」は同じように利用範囲に制限があります。

オンラインショッピングの支払いにApple Pay(アップルペイ)を使わない、使うのはリアル店舗だけという方は、そのことによる支障はありません。


三井住友VISAデビュープラスETCカード公式ページ

三井住友VISAデビュープラスカードの基本概要と申し込み

年会費

クレジットカード年会費は初年度無料、2年目以降は税抜1250円+税ですが、前年度のカード利用が1回でもあれば次年度も無料に。
ETCカード年会費は初年度無料、2年目以降は税抜500円+税ですが、年間で1度でもETC利用があれば翌年度も年会費無料に。

入会基準

満18歳以上25歳以下。
高校生は除く。未成年の方は親権者の同意が必要です 。

カード発行まで

クレジットカードもETCカードも最短3営業日
※三井住友VISAデビュープラスカード申し込み時に「ETCカード」も同時申込可能。

支払い方法

1回払い。
2回払い。
ボーナス一括払い。
分割払い。2回までは手数料なし。3回から手数料発生します。
リボ払い。手数料発生します。

 

1回払い、2回払い、ホーナス一括払いのショッピングの利用分を、あとからリボ払いへ変更できます。

カードブランド

visa

付帯保険

年間100万円までのお買物安心保険。
カード紛失・盗難補償。

発行会社 三井住友カード株式会社

 

三井住友VISAデビュープラスETCカード公式ページ

 

三井住友VISAデビュープラスカードと併せて検討したいETCカード

 

学生専用ライフカードETCカード券面

学生専用ライフカードのETCカード
●クレジットカードもETCカードも年会費永年無料
●申し込み可能対象は、高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に在学中の方。
●通常のポイント還元率は0.5%と平凡だが、入会後1年間はポイント1.5倍、誕生日月はポイント5倍、さらにポイントステージアップ、ボーナスポイント制度があり総合的にポイント獲得が高くなる。ポイント有効期限も5年と長い。
海外旅行向けのサービス充実海外旅行傷害保険が自動付帯、海外でのカード利用分に関しては利用額の5%をキャッシュバック、海外旅行時に日本語で徹底サポート。
●電子マネー「Edy」「モバイルSuica」へのチャージ分にもポイント付与。
●電子マネー「iD」利用分にもポイント付与。
●クレジットカードは最短3営業日。ETCカードは最短6営業日発行
 詳細ページ ≫ 公式ページ ≫

ライフカードが学生限定で発行しているカードです。海外旅行向けのサービスや特典が充実しているので、在学中に複数回海外旅行へ出かける学生の方や、海外旅行を計画している学生の方に人気のカードでもあります。それと、誕生月ポイント5倍というのもライフカードの魅力です。

 

学生にオススメのETCカード(学生申し込みOKの一般カードも)
一般カードの中にも学生が申し込めるクレジットカード・ETCカードがあります。特に流通(スーパー)系・コンビニ系や石油元売り系が発行するクレジットカードは、自社およびグループ店舗での割引特典やポイント優待があるので、買い物頻度や利用頻度が高いお店の系列クレジットカードでETCカードを作ることを検討してみても良いのでは。