ETCカードの契約について解説します

MENU

ETCカードの契約について

ETCカードの入手方法として、どこかへ出向いて(あるいはネットで)、契約をするのだと思われている方がいらっしゃるようですが、それは違います。

一般的にETCカードと言われているものは、クレジットカードの追加カード(子カード)として申し込み・発行されます。

契約をするのではなく、クレジットカード会社に申し込み手続きをして、審査に通り、発行される、ということになるのです。

クレジットカードとETCカード


ですので、もし、あなたが、既にクレジットカードを持っていて、そのクレジットカードでETCカードを追加発行したいのでしたら、そのクレジットカード会社へ電話して申し込むか(クレジットカードの裏側へ書かれている電話番号)、クレジットカードのウェブサイトより会員ページへログインして申し込み手続きをする、ということになります。

あるいは、現在お持ちのクレジットカードとは別に、新たにクレジットカードとETCカードを作りたいというのであれば、新たに申し込みたいクレジットカードの申し込み画面にてETCカードも一緒に申し込めば、クレジットカードとETCカードが発行される、ということになります。

現在お持ちのクレジットカードがあまりポイント還元率が高くないなど、お得度が低いクレジットカードであるのでしたら、この機会に、新たにポイント還元率が高かったり、グループ店舗で割引き特典などがある、いわゆるお得度が高いクレジットカードでETCカードを作るのも良いのではないかと思います。

他にも、例えば、自動車を運転する機会が多いという方は、それだけガソリンを消費するわけですから、ガソリン給油代金が値引き(割引き)されるクレジットカードでETCカードを作ると、ガソリン代の節約になります。
ガソリンスタンドでお得!給油割引きETCカード→

あるいは、ETCカードを大急ぎて必要としているんだ、という方は、クレジットカードとETCカードの両方が申し込み当日に発行可能なカードもあります。こちらは、クレティセゾンだけが対応しておりますので、お近くの商業施設などに「セゾンカウンター」がある方のみになりますが…
即日発行ETCカードの作り方(土・日OK)


クレジット機能なしのETCカードもあります

ETCカードと言えば、一般的にはクレジットカードの追加カードとして発行されるのですが、クレジット機能なしのETCカードもあります。

「ETCパーソナルカード」といいます。

クレジットカードの審査に通らない方や、クレジット機能でないETCカードを持ちたいという方が、この「ETCパーソナルカード」を利用しています。

ETCパーソナルカードは、東日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社及び本州四国連絡高速道路株式会社が共同で発行しています。

ただし、ETCパーソナルカードは、利用するのあたって、デポジット(保証金)を預しなければなりません。

ETCパーソナルカードにつきましては、こちらのページ クレジット機能なしのETCカード「ETCパーソナルカード」→ で詳しく解説しています。

法人ETCカード(個人事業主含む)もあります

中小企業の方や、起業し始めた個人事業主の方は、クレジットカードでETCカードを作りたいと思っても、クレジットカードの審査に通らないという例が少なくありません。

そういう中小企業・新会社・個人事業主の方向けに朗報となっていて人気なのが「高速情報協同組合のETCカード」です。

「高速情報協同組合のETCカード」もクレジット機能がなしです。

また、必要な枚数を発行できますので、多くのドライバーさんがいらしてもその分だけ発行できるのもうれしい点です。

「高速情報協同組合」発行の法人ETCカード→