ETCカードの解約・退会の方法や注意点

MENU

ETCカードの解約・退会の手続きや注意点について

ETCカードを作ったけれど使わなくなったので解約・退会したい、
また、今使っているETCカードを解約・退会して、別のETCカードに変えたい、
そんな時には、ETCカカードの解約・退会手続きをすれば、簡単に解約・退会ができます。

ETCカードを解約・退会する場合、ETCカードだけを解約・退会する場合と、
親カードであるクレジットカードと一緒に解約・退会する場合があります。

ETCカードだけを解約・退会する場合は、ETCカードだけを解約・退会の手続きをします。

クレジットカードと一緒にETCカードを解約・退会する場合は、クレジットカードの解約・退会手続きをすれば、子カードであるETCカードも自動的に解約・退会となります。

クレジットカードだけを解約・退会して、ETCカードは使い続けたい、ということはできません。ETCカードはクレジットカードの子カードであり、ETCカードの利用代金は親カードのクレジットカードの利用代金として請求されるシステムになっているからです。

ETCカードの解約・退会手続きについて

ETCカードの解約・退会手続きは、クレジットカードまたはETCカードの裏面に記載されているカード会社の電話番号へ電話して行います。
クレジットカード会社によっては、インターネットのカード会員用ページへログインして解約・退会手続きもできます。

カード会社別ETCカードの解約・退会の一例
  • 楽天カード 電話での手続き
  • 出光カード 電話での手続き
  • JCBカード インターネットまたは電話での手続き
  • ビューカード 電話での手続き後、解約用紙を返送

解約・退会したETCカードにはハサミを入れて捨てる

ETCカードにハサミを入れる画像

ETCカードの解約・退会手続きが済んだら、ETCカードを裁断処理します。

シュレッダーでもハサミでもいいですので、ICチップ部分と磁気帯部分を確実に裁断するようにします。
その部分へカード情報が記録されているので、確実に裁断します。

裁断したカードは不燃ゴミへ出します。

ETCカードが年会費無料ならそのまま持っていても
もし、お持ちのETCカードが年会費無料で、持ち続けることで年会費のコストがかからないのでしたら、解約・退会をせずに、使わないけど持ち続けるのもありです。

次の更新時期がきたときにETCカードは更新しないという方法もあります。

ETCマイレージサービスへ登録していたら
ETCマイレージサービスへ登録していた方は、もし、別のクレジットカードのETCカードを新たに使うのでしたら、ETCマイレージサービスの登録カードの変更手続きをしなければなりません。
変更手続きをしないと、新しいETCカードでのETC利用分のポイントが貯まりませんし、還元額をお持ちの場合、還元額が利用できません。

今回ETCカードを解約・退会して、新たに別のETCカードを作らないし、ETCでの高速道路走行もないという方で、もしETCマイレージサービスへ登録されていましたら、特に手続きをせずにそのままでもかまいません。
2年間(730日)以上、ETCマイレージサービスのポイント及び還元額に増減が無かった場合は、「ご登録取消し予定のお知らせ」が届き、その後、お知らせ発行日から90日間ポイント及び還元額に増減が無い場合は、ETCマイレージ登録が取消されます。