エネオス(ENEOS)カードでETCカードを作る

MENU

エネオス(ENEOS)カードでETCカードを作るメリット

エネオスカードETCカード券面

まずはじめに、
エネオスカードを既にお持ちの方は、エネオスカード発行元のTSキュービックカード会員サイト「MY TS3」よりETCカード追加発行のお申し込みができます。または、TSキュービックカード「ETCカード追加お申し込み受付」電話番号「0800-700-2700」にてお申し込みいただけます。

エネオスカードをお持ちでない方は、エネオスカード公式ページより、エネオスカードの新規お申し込み画面でETCカードを同時申し込みできます。
エネオスカードのETCカード公式ページへ→

それでは、エネオスカードおよびETCカードのご紹介をしていきたいと思います。

普段のガソリン給油を新日本石油エネオスガソリンスタンドでされている方は、この「ENEOS/エネオスカード」でETCカードを作るといいです。エネオスカードとETCカードが一枚になった一体型カードもお選び頂けます。

●エネオスガソリンスタンドで給油の際は、ガソリン・軽油が2円/L割引き、灯油が1円/L割引きとなりお得です。給油代金をエネオスカードで決済すると、エネオスカード利用代金の請求時に値引きされた請求となります。

●またエネオスカードは無料付帯でエネオスロードサービスが付いているので、JAFなどのロードサービスへ加入されていない方にとっては、嬉しい付帯サービスです。 全国約9,600ヶ所の出動拠点とネットワークで、レッカー車による移動10kmまで無料、路上修理30分まで無料などのサービス。

エネオスガソリンスタンドを利用される方は、「ENEOSカード」以外に「楽天カード」「Yahoo! JAPANカード」「ファミマTカード」の選択肢もあります。

●エネオスは「街の楽天カード加盟店」となっていて、カード利用額「100円毎に2ポイント(2円相当)」貯まります。楽天スーパーポイントは「1ポイント=1円」ですので、100円で2円の還元となり、ENEOSのガソリン価格が1リットル100円以上の場合は、「楽天カード」で支払った方がお得となるのです。

●エネオスは「Tポイント加盟店」となっていて、「ファミマTカード」提示でカード利用額「200円毎に1ポイント(1円相当)」貯まり、さらに、カード払いまたは「ファミマiD」支払いでTポイントが「200円毎に1ポイント(1円相当)」貯まります。Tポイントは「1ポイント=1円」ですので、200円で2円の還元となり、お得度においては、楽天カードやエネオスカードほどではないですが、貯まったTポイントをエネオスで1ポイントから使うことができますので『ファミマTカード』も検討の一枚としておすすめです。

●Tカード機能が付いているクレジットカードとして、「Yahoo! JAPANカード」もありまり、実は、「ファミマTカード」よりポイントが貯まります。エネオスで「Yahoo! JAPANカード」提示でカード利用額「200円毎に1ポイント(1円相当)」貯まり、さらに、カード払いでTポイントが「100円毎に1ポイント(1円相当)」貯まります。Tポイントは「1ポイント=1円」ですので、200円で3円の還元となり、ファミマTカードよりポイント貯まるのです。もちろん貯まったTポイントをエネオスで1ポイントから使うことができますので『Yahoo! JAPANカード』も検討の一枚としておすすめです。

●エネオスカードは、Apple Pay(アップルペイ)に対応・登録可能で、全国のQUICPay(クイックペイ)が使えるお店で支払いに使うことができます。QUICPay(クイックペイ)は、ほぼ全てのコンビニチェーンで利用可能ですし、ガソリンスタンドもエネオス・昭和シェル・エッソ・モービル・ゼネラルで利用可能です。もちろん、Apple Pay(アップルペイ)で支払った分にもポイントが付きますし、エオネオスで給油代金に支払った場合は、エオネオスカード支払いと同じく割引されます。
QUICPay(クイックペイ)は、エネオス・昭和シェル・エッソ・モービル・ゼネラルで支払に使えますので、エネオスカードをApple Pay(アップルペイ)に登録しておけば、昭和シェル・エッソ・モービル・ゼネラルのガソリンスタンドでも気兼ねなく使えます。
エネオス以外のガソリンスタンドで、エネオスカードそのものを出すのは気が引けますが、iPhpneを出して支払うのでしたらそういうことがないのでいいです。

専業主婦、学生の方、パート・アルバイトの方もお申し込み頂けます。

エネオスカードETCカード公式ページ


エネオスカードのスペックや特徴

年会費は

クレジットカード:初年度無料、
2年目から1250円(税別)ですが、年1回の利用があれば2年目以降も無料です。実質永年無料と言えます。
エネオスカードは「CARD S(スタンダード)」「CARD C(キャッシュバック)」「CARD P(ポイント)」の3種類があり、年1回の利用で2年目以降も年会費無料は「CARD S(スタンダード)」だけとなります。
「CARD C(キャッシュバック)」「CARD P(ポイント)」は、利用に関係なく年会費が1312円(税込)となりますが、その分、ポイント還元が高かったり、ガソリン割引額が大きくなっています。
当ページでは「CARD S(スタンダード)」を取り上げてご紹介しています。

ETCカード:永年年会費無料。

家族カード:永年年会費無料。

エネネオスカードは、クレジットカードは実質的には2年目以降も年会費無料と言えますので、年会費コストがかからないで持つことができるクレジットカード & ETCカードとなります。
家族カードは、最大8枚まで発行できます。家族カード1枚ごとに1枚のETCカードを発行できます。
尚、家族カードで貯まったポイントは、自動的に本会員に合算されます。

ポイント付与は

クレジットカードでポイントが貯まるイメージ画像

●エネオスカードのポイントサービスは、エネオスガソリンスタンドで燃料油以外でのカード利用額「1000円毎に20ポイント(20円相当)」(ポイント還元率2.0%)が貯まります。ポイントの有効期限は最長2年です。
※燃料油分については割引があるので、ポイント付与対象外です。

●エネオスガソリンスタンド以外でのカード利用分には、カード利用額「1000円毎に6ポイント(6円相当)」が貯まります。
「1ポイント=1円」の価値ですので、ポイント還元率は0.6%ということになります。
エネオスガソリンスタンド利用分には2%還元でポイントが付与、一般のお店でのカード利用分には0.6%還元でポイント付与ですので、一般のお店での利用分に関してはポイント還元率は平凡ですが、ガソリン割引サービスがあり、なおかつポイントサービスもあるということを考えれば、年会費無料カードとして充分にお得なETCカードと言えます。

ポイント交換は

エネオスカードのポイント交換は以下の2つからの選択性となっています。

●バラエティコース … 商品券や商品と交換できます。
交換できる商品券は、JCBギフトカード、ジェフグルメカード、近畿日本ツーリスト旅行券、図書カードがあります。

●ベーシックコース … JALマイル、ANAマイル、Tポイントなど提携ポイントサービスへの交換や、エネオスガソリンスタンド店頭で、「1000ポイント=1000円」からキャッシュバックできます。

無料ロードサービス等充実付帯サービス

・年会費無料でエネオスロードサービスが付帯されます。
・『カーコンビニ倶楽部』にて車のキズやへこみ等の修理が5%割引に。
・『オリックスレンタカー』『レンタカージャパン』『エックスレンタカー』利用の際は優待特典として10%割引に。

電子マネー「クイックペイ」利用でもポイント付与

エネオスカードは追加カードとして後払い電子マネー「クイックペイー」の発行が可能で、「クイックペイ」での利用分にもエネオスカードと同様にポイントが貯まります

もちろん、エネオスガソリンスタンドで給油の際に「クイックペイ」で支払っても割引が適用されます。

「クイックペイ」は携帯やAndroidスマホでの『クイックペイモバイル』サービスも提供されているので、カードを持ち歩かなくてもよいので便利です。

エネオスカードはApple Pay(アップルペイ)に対応・登録可能

エネオスカードとアップルペイの画像

エネオスカードは、Apple Pay(アップルペイ)に対応していますので、iPhoneなどでApple Pay(アップルペイ)に登録可能です。

エネオスカードをApple Pay(アップルペイ)へ登録すると、「QUICPAy(クイックペイ)」が紐付られますので、「クイックペイ」が支払いに使えるコンビニなどでお支払いに使えます。

また、アップルペイの「ウォレットアプリ」、または、app store(アップストア)で「Suicaアプリ」をダウンロードすることで、アップルペイで「モバイルSuica」を使うこともできます。
この場合、「モバイルSuica」でSuica電子マネーでのお支払いもできますから、「Suica」が支払いに使えるお店でもお支払いに使えます。

お店での支払い時には、QUICPAy(クイックペイ)またはSuica(スイカ)で支払うことを伝えて、iPhoneをリーダー(端末)にかざせば支払い完了です。

ちなみに、Apple Pay(アップルペイ)・QUICPAy(クイックペイ)で利用した分にもポイントが貯まります

ただし、Suicaに関しては、エネオスカードの場合、Suicaへのチャージ分にも、Suica利用分にもポイントは付きません。

国際ブランド選びに注意
エネオスカードは、申し込みの際に、国際ブランドを「JCB」か「VISA」のどちらかをお選び頂けます。
Apple Pay(アップルペイ)にエネオスカードを登録して積極的に使いたいという方は、国際ブランドは「JCB」をお選びください。Apple Payに対応したアプリケーションやオンラインショッピングの支払いにも使えます。

一方、「VISA」の場合、QUICPAy(クイックペイ)利用可能店での支払い、iPhone向けSuicaアプリへの登録はできますが、Apple Payに対応したアプリケーションやオンラインショッピングの支払いには使えないという難点があります。

※エネオスカードの「VISA」ブランドだけでなく、他のApple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードも「VISA」は同じように利用範囲に制限があります。

エネオスカードETCカード公式ページ

エネオス(ENEOS)カードの基本概要と申し込み

年会費

クレジットカードは、初年度無料。 2年目以降、1,250円(税別)。
※クレジットカードまたは「クイックペイ」年1回でも利用があれば次年度も年会費無料になります。
ETCカードは年会費永年無料。
家族カードも永年年会費無料。
クイックペイも永年年会費無料

入会基準

高校生を除く18歳以上の電話連絡可能な方。

 

学生・主婦・パート・アルバイト・自営業等の方もお申し込み頂けます。

カード発行まで

約2週間程度。
※エネオスカード申し込み時に「ETCカード」も同時申込可能。

カードブランド jcb  visa 
付帯保険 -
発行会社 トヨタファイナンス株式会社

 

エネオスカードETCカード公式ページ