作りやすいETCカード 審査に通りやすい

MENU

作りやすいETCカード 審査に通りやすいおすすめカード

ETCカードは、クレジットカードの追加カード(子カード)として発行されるので、ETCカードを作るためには、クレジットカードに申し込まなければなりません。

クレジットカードへの入会には、入会審査があり、審査に通らないとクレジットカードが発行されません。

そのことから、「クレジットカードの審査に通るか自信がないんだよな〜、だからETCカードも作れていないんだよな〜」と、言う方が、案外いらっしゃるということを耳にしました。

年収が少なかったり、正社員でなくアルバイトやパートで収入を得ている方は、そのような不安や心配を抱えていてETCカードを作るのをためらっていらっしゃるようです。

しかし、年収が少なくても、パートやアルバイトでも、継続的に収入を得ていれば、審査に通るクレジットカードがありますので、そのクレジットカードに入会してETCカードを作ればいいのです。

クレジットカードは各々審査ハードルか違う

ETCカードを作るには、まずクレジットカードに入会しなければいけないわけですが、クレジットカードの入会審査規準は、クレジットカード会社各々で違う設定をしています。

つまり、審査規準が高いクレジットカード会社、低いクレジットカード会社があるということです。

すごく簡単に、大雑把に言いますと、
銀行系や信販系のクレジットカード会社に比べて、流通系やネット系のクレジットカード会社は審査に通りやすと言われています。

ですので、クレジットカードの審査に通るか自信があまりない方は、流通系かネット系のクレジットカードに申し込んでETCカードを作ればいいのです。

かといって、流通系やネット系だとどこのクレジットカード会社でもいいのかというと、その中でも、審査に通りやすと言われているクレジットカード会社を選ぶのがベストです。

クレジットカードは、短期間に何社も申し込むと、それだけで審査落ちの理由になります。

ですので、できれば、最初か2番目に申し込んだクレジットカード会社で審査に通るようにしたいわけです。

1社目、2社目に審査ハードルが高めの銀行系のクレジットカード会社に申し込んで審査落ちし、その後に、審査ハードルが低いクレジットカード会社に申し込んでも、2社に審査落ちしていることが理由で審査落ちする可能性が高くならないとも限らないのです。

クレジットカード業界には、信用情報機関というものがあり、そこへほぼ全てのクレジットカード会社が発行するクレジットカードの申し込み履歴や利用履歴などの情報が蓄積されていいて、クレジットカードの入会申し込みがあると、まずは、その信用情報機関へ照会することになっています。

こういう背景がありますので、クレジットカードの入会審査に自信がない方は、最初に申し込むクレジットカード会社をどこにするかが、重要になってくるのです。

それでは、以下で、流通系、ネット系でも、審査に通りやすいと言われているクレジットカードをご紹介したいと思いますので、そこでクレジットカードを申し込んでETCカードも同時申し込みをしてみてください。

作りやすいETCカード(クレジットカード会社)

ネット系2社(楽天カードとYahoo JAPANカード)、流通系2社(イオンカードとエポスカード)をご紹介したいと思います。

楽天カードのETCカード
楽天カードのETCカード券面

楽天カードはテレビCMもガンガン流していることからも分かるように、カード会員の獲得にとても力を入れていて、新規会員の増加数もここ何年もNo1を維持しています。

このようにカード会員の獲得に力を入れている楽天カードは、各年代、男女問わず、積極的にクレジットカードの発行をする傾向にあります。

したがって、審査のハードルは低めに設定されていると言われています。実際、他のクレジットカード入会審査で落ちた方でも「楽天カードは通った」という声を多く聞きます。

以前から、楽天カードは最も審査に通りやすいクレジットカード、とも言われています。

ですので、ETCカードを作りたいけど、クレジットカードの入会審査にあまり自信がないんだよな、という方は、第一候補にあげて良いと思います。

楽天カードはポイント還元率が高いのも魅力
楽天カードは、通常のポイント還元率が1.0%「100円毎に1ポイント(1円相当)」と高いのも魅力です。楽天カードはポイント高還元率の定番カードとも言われています。

さらに、楽天市場ではポイント還元率4.0%ですし、他の楽天グループサービスも2.0%以上のポイント還元率となっていますので、楽天市場などで楽天グループのサービスを利用されるとかなりお得にポイントが貯まります。

また、【街中の楽天カード加盟店】エネオスが加盟していて、エネオスではポイント還元率2.0%「100円毎に2ポイント(2円相当)」ですので、ガソリン給油はエネオスでして楽天カードで支払うといいです。

ガソリン給油でいうと、出光石油は、【楽天ポイントカード加盟店】なので、楽天カードの提示で「1リットルにつき1ポイント」貯まります。出光では、貯まった楽天スーパーポイントを支払いに使うこともできます。

それと、auウォレットへのーチャージ分にも、「100円毎に1ポイント(1円相当)」貯まりますし、アップルペイでの利用分にも「100円毎に1ポイント(1円相当)」貯まります。楽天Edyチャージ分には「200円毎に1ポイント(1円相当)」貯まります。

ETCカードの申し込みとお届けについて
クレジットカード申し込み時に同時申し込みできますが、楽天ETCカードは、楽天カードがお手元に届いたことが確認されてからの発送となります。

楽天カードは申し込み後、約一週間程度でご自宅へお届けとなりますので、その到着が確認されて楽天ETCカードが発送されますので、お届けは、そこから、さらに3日ほど後、ということになります。

したがいまして、楽天ETCカードが届くのは、お申し込み後、約10日後とお考えいただくと良いと思います。

カード年会費
楽天カードは、永年年会費無料です。

ETCカードは、年会費500円(税別)ですか、申し込み時に楽天PointClubの会員ランクが「プラチナ会員」「ダイヤモンド会員」の方は無料、また翌年度の年会費請求時に楽天PointClubの会員ランクが「プラチナ会員」「ダイヤモンド会員」の方は無料となります。

楽天カードの公式ページへ→

楽天カードの詳細紹介ページへ→

Yahoo JAPANカードのETCカード
Yahoo! JAPANカードのETCカード券面

「Yahoo JAPANカード」は、後発であること、また、楽天カードを競争相手として意識していますので、カード会員獲得にかなりの力を入れています。

Yahooショッピングやロハコでのショッビング時に付与するポイント3倍は、楽天カードが楽天市場などでショッピングをした時のポイント4倍を意識したものでしょうし、入会キャンペーンにおける7000ポイント(7000円相当)以上プレゼントも、楽天カードの5000ポイント(5000円相当)以上プレゼントを意識してのものだと思われます。

このように、楽天カードに対抗する形でカード会員を増やそうとしていますので、楽天カード同様に入会審査のハードルは低めに設定されていると言われています。

したがいまして、「Yahoo JAPANカード」も、第一候補にあげても良いと思います。
特に、Tポイントを貯めている・貯めたいと思っている方は、第一候補としていいのではないかと思います。

「Yahoo JAPANカード」もポイント還元率が高いのが魅力
「Yahoo JAPANカード」も楽天カード同じく、通常のポイント還元率が1.0%「100円毎に1ポイント(1円相当)」と高いのが魅力です。ポイント高還元率カードの一枚です。

「Yahoo JAPANカード」にはTカード機能が付いていて、貯まるポイントはTポイントです。Tポイントが貯まるクレジットカードの中で、最もポイントが貯まるのが「Yahoo JAPANカード」です。

YahooショッピングとLOHACO(ロハコ)でのショッピング時はポイント還元3.0%ですので、ネットショッピングをYahooショッピングとロハコにするとかなりポイントが貯まります。

また、Tカード機能が付いていますので、ファミマやエネオスなどの【Tポイント加盟店】では、1.5%〜2.0%の還元率でポイントが貯まりますし、お支払いにTポイントを使うこともできます。

それと、モバイルSuica、スマートイコカ、nanaco、auウォレットへのーチャージ分にも、「100円毎に1ポイント(1円相当)」貯まりますし、アップルペイでの利用分にも「100円毎に1ポイント(1円相当)」貯まります。

ETCカードの申し込みとお届けについて
クレジットカード申し込み時に同時申し込みできます。

「Yahoo JAPANカード」もETCカードも、約一週間程度でご自宅へお届けとなります。
ただし、クレジットカードとETCカードは別々での発送となりますので、ETCカードが若干遅れて届く場合もあります。

クレジットカード申し込み時の、審査時間2分と早いのも魅力です。

カード年会費
「Yahoo JAPANカード」は、永年年会費無料です。

ETCカードは、年会費500円(税別)です。

「Yahoo JAPANカード」の公式ページへ→

「Yahoo JAPANカード」の詳細紹介ページへ→

イオンカードのETCカード
イオンカード(WAON一体型)のETCカード券面

イオンカードも以前から、楽天カードと並んで、比較的審査に通りやすいクレジットカードと言われてきています。

特に、主要顧客である専業主婦の方やパート主婦の方には、積極的にクレジットカードを発行する傾向にあります。

したがいまして、パートをしているけれど収入はあまり多くないのでクレジットカードの審査に通るか心配だという方は、第一候補にあげて良いと思います。

専業主婦の方は、審査対象が配偶者となりますので、配偶者の方の収入が多めでしたら、イオンカードに限定しないで、どこのクレジットカード会社でもほぼ大丈夫です。

イオンカードはイオングループで断然お得
イオンカードは、通常ポイント還元率が0.5%「200円毎に1ポイント(1円相当)」と平凡なのですが、イオングループでは毎日ポイント2倍です。

なにより、イオングループで、毎月20日・30日は5%割引きで買い物ができるの最大の魅力です。5%割引きの日にちょっとまとめ買いをすると、他のポイント還元率1.0%のポイント高還元率カードと言われるカードよりも、断然お得です。

他にも、随時割引デーが開催されますし、ポイント2倍の日などもあります。イオンシネマでは300円割引もあります。

ちなみに、アップルペイでの利用分には、還元率が0.5%「200円毎に1ポイント(1円相当)」でポイントが貯まります。

ETCカードの申し込みとお届けについて
クレジットカード申し込み時に同時申し込みできます。

イオンカードもETCカードも、約一週間程度でご自宅へお届けとなります。
ただし、クレジットカードとETCカードは別々での発送となりますので、ETCカードが若干遅れて届く場合もあります。

イオンカードはディズニーデザインカードをお選び頂くこともでき、ディズニーデザインカードをお申し込みのうえETCカードを申し込むこともできます。

カード年会費
イオンカードはクレジットカードもETCカードも、永年年会費無料です。

「イオンカード」の公式ページへ→

「イオンカード」の詳細紹介ページへ→