イオンカード(WAON一体型)でETCカードを作る

MENU

イオンカード(WAON一体型)でETCカード

イオンカード(WAON一体型)のETCカード券面

イオンカード(WAON一体型)のETCカード公式ページへ→

●イオンカードのスタンダードカードであるのが、この「イオンカード(WAON一体型)」です。

●イオンやマックスバリュ、ダイエー、ミニストップなどイオングループ店舗の利用が多い方は、割引きデーポイント倍増デーなどで断然お得ですので、この「イオンカード(WAON一体型)」でETCカードを作るといいです。

イオングループ店舗で買い物をする方は、持っていないと損をしていると言っても過言でないほど、お得なクレジットカード(ETCカード)です。

また、「イオンカード(WAON一体型)」をはじめとするイオンカードは永年年会費無料ですし、イオンETCカードも永年年会費無料ですので、完全年会費無料で持てるのです。家族カードも永年年会費です。年会費というコストがかからないので、是非、作っておくといいです。

(イオングループ店舗で買い物をされない方にとっては、お得度があまり感じられないと思いますので、イオンカードではなく、他のクレジットカードでETCカードを作る方がいいです)

●「イオンカード(WAON一体型)」を含めイオンカードはApple Pay(アップルペイ)に対応・登録可能で、全国のiD(アイデイ)が使えるお店で支払いに使うことができます。iD(アイデイ)はほぼ全てのコンビニチェーンで利用可能ですし、ガソリンスタンドもエネオス・エッソ・モービル・ゼネラルで利用可能です。もちろん、Apple Pay(アップルペイ)で支払った分にもイオンカードのときめきポイントが付きます。

●「イオンカード(WAON一体型)」は、専業主婦(主夫)、アルバイト、パート、学生、年金受給者、自営業の方もお申し込み頂けます。

イオンカード(WAON一体型) & ETCカードの作り方(申し込みの流れ)はページ下段でご紹介↓

電子マネーWAON(ワオン)も付いている

●イオンカード(WAON一体型)は、電子マネー「WAON」が搭載されていますので、少額利用はWAON、金額が大きい買い物はクレジットカードでと、使い分けることで少額利用分もしっかりとポイントを貯めることも出来ます。

コンビニでの「WAON」支払いも、イオングループのミニストップに加えてファミリーマート、ローソンでも利用できるようになりましたので、TカードやPontaカードまたはdポイントカード提示のうえ「WAON」で支払うことで、ファミマではWAONポイント+TポイントローソンではWAONポイント+Pontaポイントまたはdポイントのようにダブルでポイントを貯めることもできます。
サークルKサンクスがファミリーマートへ統合されたことから、サークルKサンクスでもWAONポイント+Tポイント獲得できるようになりました。


●ちなみに、電子マネーWAON利用分にはWAONポイントが付与され、イオンカードのクレジット利用分にはときめきポイントが付与されます。ときめきポイントはWAONポイントへ交換することが出来ます。

イオンカード(WAON一体型)の割引デー

毎月20日・30日のお客さま感謝デー

お客様感謝デー5%OFF

「イオンカード(WAON一体型)」に限らずイオンカードは、毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」には、全国のイオン、ビブレ、マックスバリュ、メガマート、イオンスーパーセンター、ダイエーなどの各店舗にてクレジットカード・WAONでのお支払い、またはイオンカードの提示&現金支払いでも、買物代金が5%割引きとなります。

この「お客さま感謝デー」の5%割引きが、イオンのクレジットカードを持つ大きなメリットの一つです。5%割引きデーにちょっとまとめ買いすれば、他のポイント高還元率カードよりも格段にお得を得られます。

また、「お客さま感謝デー」の他にも、イオンカード会員向けに、随時、割引キャンペーンがあったり、イオンカード会員へ送られてくる「サンキューパスポート」で5%〜10%割引きで買い物ができます。

この割引デーで得られるお得は、他の高ポイントカードで得られるお得は目でないくらいお得ですので、「イオンカード(WAON一体型)」を作ったら、是非、割引デーにお買い物をするようにしましょう。

毎月15日のG.G,感謝デー

GG感謝デー5%OFF

毎月15日の「G.G,感謝デー」には、55歳以上のカード会員の方限定となりますが、全国のイオン、マックスバリュ、メガマート、イオンスーパーセンター、ザ・ビッグの直営売場でのクレジット払いでご請求時に5%割引となります。55歳以上の方は、上記「お客さま感謝デー」と合せて、5%割引きデーが毎月3回あるということになります!
(ダイエーはG.G感謝デーは対象外です)

また、15日は「わくわくポイントデー」にもなっているので、5%割引き + ポイント2倍ということになります。

G.Gとは「グランドジェネレーション」の省略形です。

以上の他にも、カード会員限定のポイント特典などがあります。
特典に関しましては下記にてご紹介いたしております。

ディズニーデザインカードも選択できます

イオンカード(WAON一体型)は、ディズニーデザインを選ぶこともできます。クレジットカードにミッキーマウスがデザインされています。

ディズニーファンの方には人気のクレジットカードとなっています。

ディズニーデザインのカードも同じく年会費永年無料です。発行手数料などもありません。
もちらんETCカードの発行もできます。

割引きデーやポイント倍増デーも同じく適用されます。

「イオンカード(WAON一体型)」の申し込み画面で、ディズニーデザインをお選び頂いて申し込んでください。

イオンカード(WAON一体型)の入会キャンペーン

2017年6月30日までに新規お申し込みをされ、8月10日までにカード発行&ウェブ明細登録が確認できた方へ、もれなく、ときめきポイントを、1000ポイント(1000円分)プレゼント

●さらに、入会いただいたカードで、2017年8月10日までの、
クレジットでのショッピング利用1万円以上の方には、ときめきポイントを、1000ポイント(1000円分)プレゼント
クレジットでのショッピング利用3万円以上の方には、ときめきポイントを、3000ポイント(3000円分)プレゼント
クレジットでのショッピング利用5万円以上の方には、ときめきポイントを、5000ポイント(5000円分)プレゼント

■ETCカードの申し込みは、「イオンカード(WAON一体型)」申し込み時に、同時申し込みできます。申し込み画面でETCカードの申し込みにもチェックを入れて下さい。
最短一週間ほどで自宅へお届けとなります。クレジットカードとETCカードが別送となる場合もあります。

イオンカード(WAON一体型)のETCカード公式ページ


イオンカード(WAON一体型)の特徴

年会費は

クレジットカードもETCカードも永年年会費無料です。
ですので、年会費完全無料です。

「イオンカード(WAON一体型)」は、年会費コストがまったくかからないで持つことができるクレジットカード & ETCカードです。

家族カードも永年年会費無料です。

ポイント付与は

イオンカード(WAON一体型)は、クレジットカード利用分には「ときめきポイント」、電子マネーWAON利用分には「WAONポイント」が貯まります。

ときめきポイント

ときめきポイントの画像

イオンカードのポイントサービスである「イオンときめきポイント」は、イオングループ以外での利用や公共料金などの月々の支払い、ETCカードの利用代金などについては、カード利用額「200円毎に1ポイント」の付与となります。

「1ポイント=1円」の価値ですので、ポイント還元率は0.5%ということになります。

ポイントの有効期限は最長2年です。

このように、イオングループ以外での利用の場合は、ポイント還元率は0.5%と一般的です。

WAONポイント

waonポイントの画像

「イオンカード(WAON一体型)」に付いているWAONで、買い物の支払いをした場合は、ときめきポイントではなく、WAONポイントが貯まります。

電子マネー「WAON」での利用額「200円毎に1ポイント」の付与となります。

こちらも、「1ポイント=1円」の価値ですので、ポイント還元率は0.5%ということになります。

イオングループでは毎日ポイント2倍
イオングループでポイント毎日2倍の画像
全国のイオングループ店舗(イオン、マックスバリュ、ダイエー、ザ・ビック、ミニストップ他)では、毎日いつでも、イオンカードのクレジット払いをすると「ときめきポイント」が2倍「200円毎に2ポイント」の付与となります。ですので、イオングループ店舗では、いつでもポイント還元率は1.0%ということになります。

イオングループ店舗で買い物をしたときには、イオンカードでクレジット払いにするのがオススメです。

ちなみに、イオンカード提示をして現金で支払った場合でも、半分の、「200円毎に1ポイント」は貯まります。

毎月10日は「ありが10デー」でポイント5倍
毎月10日は、「ありが10デー」となっていて、全国のイオン、イオンスーパー、マックスバリュ、ザ・ビッグなどの対象店舗でのお買い物の際に、イオンカードのクレジット支払い、WAON支払い、WAON POINTカード提示で現金支払い、イオンカード提示で現金支払い、いずれの支払い方法でも、「ときめきポイント」が5倍「200円毎に5ポイント」の付与となります。還元率2.5%の高還元です。

※ダイエーは対象外です。しかし、ダイエーは毎週日曜日ポイント10倍があります。

WAONでポイント2倍デー
毎月5日・15日・25日は、「お客さまわくわくデー」となっていて、全国のイオン、ビブレ、マックスバリュ、メガマート、イオンスーパーセンター、ミニストップなどの各店舗にてWAONでお支払いいただくとWAONポイント2倍付与に。
※クレジットカード支払いの場合は、イオングループ店舗で毎日がポイント2倍です。

カード利用でポイント2倍デー
毎月10日は、「ときめきWポイントデー」となっていて、イオングループ店での利用に限らず、カード利用分にはときめきポイント2倍付与になります。

イオングループ以外でのショッピングや飲食など、どこのお店でイオンカードのクレジット払いでお支払いをすると、ポイント2倍です。

ときめきポイントクラブのコスモ石油でポイント2倍

コスモ石油の画像

●イオンカードには「ときめきポイントクラブ」という優待加盟店があり、加盟店の一つであるコスモ石油ガソリンスタンドで給油等の際にクレジット払いをすると、毎日いつでも「ときめきポイント」が2倍「200円毎に2ポイント」の付与となります。

●コスモ石油以外の加盟店としては、近畿日本ツーリスト、アート引越センター、ツヴァイ、ワタミグループ、神戸・三宮センター街、タカキュー、ルネサンス、得タク、日本航空オンライン、サンエックスネットショップ、RHトラベラー(イオンコンパス)、未来屋書店電子書籍ストアがあります。加盟店によってはポイント3倍、5倍となっています。

●ちなみに、コスモ石油ガソリンスタンドで会員価格で給油できる、イオンカードとコスモ石油提携発行の『イオン・コスモ・ザ・カード・オーパス』でもETCカードを作ることもできます。

カード会員モールのときめきポイントタウンでポイント最大21倍

ときめきタウン参加ショップの画像

クレジットカード会社は有名企業のネットショップやオンラインサービスを集めたショッピングモールを運営していますが、イオンカードは「ときめきポイントタウン」というモールを運営しています。

「ときめきポイントタウン」を経由してネットショッピングをし、イオンカードのクレジット払いをすると、2倍〜最大21倍のときめきポイントが貯まります。

Amazon、楽天市場、Yahooショッピングをはじめ、旅行関連、サプリメント関連、化粧品関連、家電量販店など、有名企業が多数参加しています。
ですので、ネットショッピングやネットサービスを利用する際には、「ときめきポイントタウン」へ参加していないかチェックをして、参加しているようなら「ときめきポイントタウン」経由でショッピングをするとボイントをお得に貯めることができます。

ポイント交換は

ときめきポイント
貯まったときめきポイントはWAONへの交換、商品や商品券と交換、JALマイルやdポイントへ交換できます。

WAONポイントへの交換
ときめきポイントからWAONポイントへの交換は、「1000ポイント=1000ポイント」でWAONポイントへとなります。

交換できる商品券の一例としては
イオン商品券、JCBギフトカード、ワタミグループ食事券、イオンコンパス海外パッケージ旅行利用券、イーハートお食事券、イオンシネマ ペア映画鑑賞券、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンスタジオ・パス、家事玄人(カジクラウド)利用券などがあります。

ポイント交換先(移行先)の一例としては
JALマイル、dポイント、WAONポイント、WAON POINTなどがあります。

ローソンでdポイントを貯めている方は、貯まったときめきポイントをdポイントへ交換してローソンで使えますし、ローソンではWAONでの支払いができるようになりましたので、dポイントカードとWAONを上手に組み合わせて使うといいです。

WAONポイント
貯まったWAONポイントはWAONへチャージして「1ポイント=1円」として利用することができます。
また、Suicaポイントへの交換ができます。

WAONへのチャージ方法
貯まったWAONポイントをWAONへチャージするには、以下の場所で簡単に行えます。
  • イオングループ店舗にあるWAONステーション
  • イオン銀行のATM
  • ファミリーマートにあるFamiポート
  • ミニストップの店舗レジ
  • WAONネットステーション(ICカードリーダライタが必要)
  • WAONモバイル
【レシートに「WAON POINTセンター預かり」となっている場合】

お使いのWAONを「WAON POINT会員登録」をしていると、イオンなどでWAON支払いで買い物をすると、レシートに「WAON POINTセンター預かり」として獲得したポイントが加算されています。

この「WAON POINT」は、イオンがポイント制度をイオングループ以外にも広めていくために、「WAON POINTカード」の発行開始に伴って、電子マネーWAONの「WAONポイント」とは、区別して設けたポイントです。

ですので、「WAON POINT会員登録」をしたWAONを使っていると、「WAONポイント」ではなく、「WAON POINT」が貯まっていくということに変わったのです。また、「WAON POINT」はWAONカード内に貯まるのではなく、センター預かりとして貯まるようになったのです。

センター預かりの「WAON POINT」は、イオン店舗などにある端末「WAONステーション」などで、ダウンロードして「WAONポイント」へ交換し、さらにWAONへチャージするということになりました。

※「WAON POINT会員登録」していないWAONは、今までどおり、WAONカード内にWAONポイントが貯まります。


Suicaポイントへの交換
「100WAONポイント → 90Suicaポイント」でSuicaポイントへ交換できます。
交換単位は、100WAONポイント以上100WAONポイント単位です。
「Suicaポイントクラブ」への会員登録(無料)を行っている必要があります。

ダイエーでもイオンカード会員はお得!

ダイエーとイオンカードの画像

スーパーのダイエーはイオン参加となっていましたが、長い間、ダイオーでお得なクレジットカードは「セディナカード」でした。なぜなら、「セデイナカード」はダイエーのグループ企業だったからです。その「セディナカード」がダイエーグループを外れ、その後、イオンカードがダイエーでもお得に使えるクレジットカードとなったわけです。

ダイエーで買い物の際に、イオンカード会員が受けられる割引きやポイント優遇は、イオンと同じものとダイエー独自のものがあります。

ダイエーは「お客さま感謝デー」の5%割引きがある上に、毎週日曜日はポイント10倍毎月5・15・25日ポイント5倍となっていて、かなりのお得を得られるようになっています。

以下に、ダイエーでの割引デーとポイントお得デーをまとめてみました。
  • 毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」5%割引き(イオン共通)
  • 毎日いつでもポイント2倍(イオン共通)
  • 毎週日曜日はポイント10倍(ダイエーのみ)
  • 毎月5日・15日・25日はポイント5倍(ダイエーのみ)

ダイエーが対象外となっているイオングループのポイントお得デー
  • G,G感謝デー
  • お客さまわくわくデー
  • ありが10デー

イオンシネマで300円割引き

イオンシマネの画像

イオンシネマ(旧ワーナー・マイカル・シネマズ含む)の一般通常料金をイオンカードで支払うと、会員の方と同伴の方(大人1名様まで)各300円割引きとなります。
イオンシネマで映画を観賞する機会が多い方はうれしい割引サービスです。

ETCゲート車両損傷お見舞金制度

イオンカードのETCカードである「イオンETCカード」には、ETCゲート車両損傷お見舞金制度が自動で付帯されています。
ETCゲートで開閉バーに接触・衝突し、車両を損傷した場合、一律5万円のお見舞金が支払われます。(年1回までです)

「イオンカード(WAON一体型)」はApple Pay(アップルペイ)に対応・登録可能

「イオンカード(WAON一体型)」を含めイオンカードは、Apple Pay(アップルペイ)に対応していますので、iPhoneなどでApple Pay(アップルペイ)に登録可能です。

店舗などでApple Pay(アップルペイ)で支払う場合、iD(アイディー)、QUICPAy(クイックペイ)、Suica(スイカ)での支払いとなるのですが、「イオンカード(WAON一体型)」はiD(アイデイ)とSuica(スイカ)に紐付られますので、iD(アイデイ)とSuica(スイカ)での支払いに対応しているお店で利用できます。

支払い時に、iD(アイデイ)またはSuica(スイカ)で支払うことを伝えて、Touch IDに指を載せたままiPhoneをリーダー(端末)にかざせば支払い完了です。

ちなみに、Apple Pay(アップルペイ)で利用した分にも、ときめきポイントは付与されます。

ただし、Suicaに関しては、「イオンカード(WAON一体型)」の場合、Suicaへのチャージ分にも、Suica利用分にもポイントは付きません。

※イオンカードでSuicaチャージにもポイントが付くカードとしては『イオンSuicaカード』があります。『イオンSuicaカード』も、Apple Pay(アップルペイ)でSuica(スイカ)はもちろんiD(アイデイ)も使えます。
『イオンSuicaカード』はこちら

国際ブランド選びに注意
Apple Pay(アップルペイ)に「イオンカード(WAON一体型)」を登録して積極的に使いたいという方は、「イオンカード(WAON一体型)」の申し込み時に、国際ブランドは「JCB」か「Mastercard」をお選びください。Apple Payに対応したアプリケーションやオンラインショッピングの支払いにも使えまし、モバイルSuicaを「Walletアプリ」でも「Suicaアプリ」でも利用できます。

一方、「VISA」の場合、iD(アイデイ)利用可能店での支払い、iPhone向けSuicaアプリへの登録はできますが、Apple Payに対応したアプリケーションやオンラインショッピングの支払いには使えないという難点がありますし、「Walletアプリ」でモバイルSuicaを使うことができません。

※イオンカードの「VISA」ブランドだけでなく、他のApple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードも「VISA」は同じように利用範囲に制限があります。

イオンカード(WAON一体型)のETCカード公式ページ


WAONチャージでポイントを貯めたいのなら

「イオンカード(WAON一体型)」は、WAONへのチャージができますが、WAONチャージ分にはポイントが付きません

イオンカードでWAONチャージ分にもポイントが付くのは、唯一「イオンカードセレクト」(カード年会費永年無料)です。
「イオンカードセレクト」は、イオン銀行のキャッシュカードにイオンクレジットカード機能とWAON機能が搭載されたカードですので、イオン銀行に口座を作る必要があります。

「イオンカードセレクト」でWAONへのオートチャージにすると、「200円毎に1ポイント」のWAONポイントが貯まります。

「イオンカードセレクト」もイオンカード(WAON一体型)と同様に割引きやポイント優遇特典が付いています。さらに、イオン銀行のクレジットカードならではの特典も加わっています。

もちろん、「イオンカードセレクト」でも、ETCカード(年会費無料)が作れます。

「イオンカードセレクト」の公式ページへ→

イオンカード(WAON一体型)の基本概要と申し込み


【イオンカード(WAON一体型)でETCカードを作る流れ】
ここでは、イオンカードのスタンダードカードである「イオンカード(WAON一体型)」でETCカードをウェブサイトから申し込む流れを解説していきます。
ウェブサイトからならPCでもスマホでも、24時間いつでも申し込めるので便利です。

ステップ1

「イオンカード(WAON一体型)」の公式申し込みページへアクセスします。
公式ページで、「イオンカード(WAON一体型)」のサービス及び特典内容、キャンペーンなどについてあらためて確認してください。
問題がなければ、申し込みボタンをクリックします。


ステップ2

「イオンカード(WAON一体型)」申し込み入力画面の前に、オンラインでのカード申し込みの流れの案内、ウェブ明細を希望するかの選択、そして、「イオンカード(WAON一体型)」会員規約の同意を求められますので、問題がなければ同意のチェックをし、「お申込み」ボタンをクリックします。

イオンカード(WAON一体型)申し込みの流れ画像
ウェブ明細にすると、カード利用請求があった翌月に10ポイント(10円相当)がプレゼントされます。

申し込みにあたって、運転免許証(ある方)、金融機関のキャッシュカードをお手元に用意すると申し込みがスムーズに進みます。運転免許証、キャッシュカードがなくても申し込めます。


ステップ3

申し込み画面(1)として、「ご本人さまについて」入力画面が表示されます。
この画面では、まず最初に、「VISA」「Mastercard」「JCB」から、お好きなカードブランドを選びます。
それから、ご自身の個人情報の入力をしていきます。
住所、氏名、連絡先の電話番号など正確に入力してください。
もし間違って入力した場合、審査がスムーズに行えないばかりか、審査さえしてもらえない場合もありますので。

イオンカード(WAON一体型)申し込み画像

カードブランドの選び方ですが、海外でのご利用をお考えの方は、海外での加盟店が多い「VISA」か「MastrCard」のいずれかをお選びください。
アップルペイをご利用される方は、アップルペイでの利用制限がない「Mastercard」か「JCB」のいずれかをお選びください。

電話番号は、携帯電話と自宅固定電話の両方、または、いずれか一方を入力します。

メールアドレスは、申し込み後に「ご本人確認手続きのご案内をール」が届くので、正確に入力しましょう。

職業選択の項目では、パート・アルバイトや学生、年金受給者や専業主婦(主夫)、自営業等の選択も用意されています。

運転免許証の有無の項目で「あり」を選択した方は、運転免許証の番号の入力を求められます。

入力が終わったら「つぎへ進む」ボタンをクリックします。


ステップ4

申し込み画面(2)として、「お勤め先について」入力画面が表示されます。
学生る方や専業主婦(主夫)、年金受給者の方は入力の必要はありません。

この画面では、お勤め先、お勤め先電話番号、勤続年数、事業内容を入力します。

入力が終わったら「つぎへ進む」ボタンをクリックします。


ステップ5

申し込み画面(3)として、「カードについて」入力画面が表示されます。

この画面では、
カード暗証番号の設定(4桁)
カードの利用目的(生活費支払い(特典利用含む)を選択しておけば無難)、
リボ払いのお支払額設定(リボ払いを使った時の月々支払額の設定、後日の変更も可能)
ETC専用カードの申し込むかの選択、
イオンiDを申し込むかの選択、
WAONオートチャージをするかの選択、
即時発行カード(仮カードを発行するかの選択)
即時発行カードの受取可能店舗の選択
お支払い口座の設定(後日に書面での設定をしてもOK)
よく行く店舗の設定、などをします。

イオンカード(WAON一体型)ETCカードの申し込み画像
↑ETCカードを申し込むかの選択項目です。
ここで「申込みます」を選択することをお忘れなく。

これで、全ての入力が完了です。「つぎへ進む」ボタンをクリックします。

次の「確認」画面で、今までの入力内容を確認して、申し込みボタンをクリックします。

それと、イオンカードは「イオンカード(WAON一体型)」を含み、審査基準のハードルはそれほど高くありませんが、それでも審査に心配な方は、「カードの利用目的」の選択でキャッシングを選択しないようにした方が、審査に通りやすくなります。

キャッシング枠はカードが発行された後でも申し込みできますので、審査に心配な方でキャッシング枠を付けたい方は、カードが発行された後に、あらためてキャッシング枠を申し込むといいです。



ステップ6

入力が終わり、送信をすると、入会審査が開始されます。
入会審査完了までの時間は、早い場合もありますし、多少時間がかかる場合もあります。
申し込んだその日の内に連絡が来る場合もありますし、数日かかる場合もあります。


ステップ7

入会審査に通過したら、「本人確認手続きのご案内メール」が届きますので、案内にそって手続きをします。

本人確認手続きとしては、運転免許証などを「画像アップロード」か、「受取人確認配達サービス」で配達時に配達員さんへ提示するか、どちらかを選ぶことができます。

「画像アップロード」する方は、事前に運転免許証等の写真を撮っておくといいです。住所変更をされている方は裏面も撮っておきましょう。

「受取人確認配達サービス」は、受け取りは本人が運転免許証等を提示して受け取らなければなりませんので、不在がちな方は「画像アップロード」で本人確認手続きを済ませた方がよいです。


ステップ8

あとは、イオンカード(WAON一体型)とイオンETCカードが届くのを待つだけです。
最短一週間程度で届きます。

※クレジットカードとETCカードが別々に届く場合もあります。

届いたら、カード裏面の署名欄にサインをします。
これで、クレジットカードもETCカードも使用可能となります。

年会費

クレジットカード年会費永年無料。
ETCカードも年会費永年無料。
家族カードも永年年会費無料。

入会基準

18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方なら、お申込みいただけます。 主婦、アルバイト、パート、学生の方も可。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。

カード発行まで

最短約一週間程度でお届け。
※イオンカード(WAON一体型)申し込み時に「ETCカード」も同時申込可能。

カードブランド jcb  visa  マスター
付帯保険

カード盗難保障。ショッピングセーフティ保険。

発行会社 イオンクレジットサービス株式会社

イオンカード(WAON一体型)のETCカード公式ページ